Main | September 2004 »

August 29, 2004

大曲の花火大会

8月28日(土)
初めて大曲の花火大会・・・正式には
第78回全国花火競技大会へ行って来ました。

天気もよく、行くことが突然決まったので
電車の時刻を見ると発車まであと30分!
駅まで走りに走り
11時36分発ナイアガラ3号にやっと間に合いました。

大曲到着は13時23分。
もう駅からすでに混雑していて、なかなかホームを出られませんでした。

ゆっくり市内を見て、前日TVで紹介していた
花火らーめんなるものも食べてみたかったのですが
まずは会場という相方。

スーパーで食料とお酒を確保すると
会場となる大曲市雄物川河畔へ、人の流れにそって向かいました。
帰りのことを考えて大曲橋からすぐの土手の席も確保。
・・・がここは、会場で一番端で花火からは遠い席でした^^;

     oomagari.jpg

時刻は3時頃になっていましたが、とにかく人の波波波。
秋田も今年の暑さは全国と同じように例年にないものだったそうで
この日照りつける暑さは真夏のようでした。

5時から昼花火の大会(五号早打五発)
初めて昼の花火を見たのですが
この日うっすらと白い雲がかかった空に
色をつけた煙が次々に絵を描いて、とても美しい花火でした。

日も暮れてきて hanabi77.jpg

いよいよ7時から夜花火のスタート。
見事なナイアガラの長くて大きな滝の花火に
会場は大歓声!スターマインが次々あがり開幕です。

十号割物の部(2発)と創造花火の部
この2種類の花火を各地の花火師のみなさんが競います。
創造花火の部は音楽とともに
夜空を花火のショーで華麗に彩ります。

森山直太朗さんのさくらに合わせた花火や
ロングバケーションの“まわれ!まわれ!メリーゴーランド”
世界にひとつだけの花(女子十二楽坊)
そして平原綾香さんのジュピターに合わせた銀河創生
山口百恵さんの秋桜
等々、なじみある曲とともにその曲のイメージを表現し
音楽のリズムに合った躍動感ある花火の美しさ。。。

“春夏秋冬!日本の花火”という花火で
日本の四季を花火で表現した時
雪の結晶のような花火が夜空に描き出されると
おぉーゆきだ!雪の結晶だ!!とあちこちからも声があがりました。

花火が上がる度に
思わず、「きれいだーー!!」「わぁーー!!」「すごいっ!!」

場内アナウンスが
「お待たせいたしました。輝彩繚乱です・・・」
その花火の見事さは
下から交差するように次々オレンジ色の花火が上がって
その後はこれでもかこれでもかというように
華やかで煌びやかで大きな花火が次々あがります。
まさしく輝彩繚乱!!
私の口は開いたまま・・・^^

そして、この花火が終わると人が動き出しました。
帰りが始まったのです。

私たちも、この人の多さでは帰りが大変と大急ぎで帰り支度。
9時28分で帰ろうと、またしても駅まで走る!!
が、すでに駅の外では人で溢れ規制が始まっています。
ちょうど私たちのところで一旦ロープが締められ、次の電車を待つことに・・・
一台待ったので座ることが出来ました。
電車はとても混んでいたので、盛岡までこうなのかな?
と思ったら、角館で立ちの人がいなくなりました。
盛岡着23時57分。

来年も行こうと思っています。
来年はもっと早く行って
大曲の街をゆっくりみたいなぁ~と思っています。

--------------
--------------

花火の写真です。
◆花火◇ ←ここをクリック

| TrackBack (1)

August 24, 2004

マカのお酒。

お酒屋さんで目に入ったきれいな赤い瓶。
なんだろう~と手にとって見ると

macadia  {マカディア}
というお酒だった。

商品説明の札がついている。

キレイと
元気。
マカのお酒。

↑キャッチコピーと瓶の赤い色にひかれ(ジャケット買いのよう^^;)
小さい瓶もあったので試しにと小さいほうを買ってみた。
赤い色のお酒だと思っていたから
グラスについだら薄い琥珀色で驚いた。
飲んでみたら、爽やかで
ビール、日本酒と飲んだ後の締めのお酒にぴったりだった。
小さな瓶はあっという間に空いて
次は大きな瓶になった。

毎日1~2杯。
飲むと不思議と静かな気持ちになる。
気持ちのいいお酒です。


    maka.jpg


瓶にかけられた札についていた説明文から・・・
macadiaのHPよりも要約されているようなので引用です。

マカディアはアンデスの「ぶどう蒸留酒(ピスコ)をベースに
マカ、ローズヒップを漬け込んだ爽やかなリキュール。

 『マカ』・・・インカ帝国時代から伝わる聖なる植物
マカはアンデスの4000m級の高地で栽培される根菜の一種。
インカ帝国の時代から健康に良い聖なる植物として伝えられてきました。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で、限りないパワーを秘めた植物です。

 『ローズヒップ』・・・アンデスで伝承される不老長寿の実
アンデスに自生する「野バラの実」ローズヒップは
この地方に住むアラカノ族の間で古くから「種族の諸護神」
として伝承されてきました。
ビタミンC、E、Pなどの含有量が豊富で、近年、肌を気づかう方々の間で
注目されているハーブです。

August 20, 2004

あなた“だけ”のきみ

ちょっと立ち寄った内丸のカワトク壱番館(18日)


あなた嶽のきみ
の大きな文字の下にとうもろこしがあと5本。
50本限定販売!だった。

ついてきたチラシには
あなた嶽のきみ=嶽(だけ)きみ(とうもろこし)と注釈つき
kimi1.jpg

それは、4月に行った岩木山のふもとの嶽温泉で出会った
本当に甘くておいしいとうもろこしだった。

チラシによると
岩木山のふもと嶽で生産されるとうもろこしは
朝夕の気温差が独特の甘味を生みます。
(糖度が17度ありますメロンよりもあまいですよ)
お湯に塩を入れてからゆでる。10~12分がコツ。
ポイントはあまりゆですぎないこと。

でした。

さてさて、期待に胸をふくらませその通りゆでてみますと!
これがこれが甘い!そうあの嶽で食べた味そのものでした。

kimi2.jpg

4月に岩木で初めて食べたのは
嶽温泉のきみらーめん。

kimi3.jpg

“きみらーめん”を、何故か“みそらーめん”と読み間違えて^^;
おなかが味噌ラーメンを待っていたところへ出てきたこのラーメンに
ビックリ!!でもこの“きみ”の甘さおいしさにもっとビックリして
真空パックの去年のものを買ってきました。
それでも今まで食べたことのない甘さでした。


いつか取りたてを食べてみたいものと思っていましたが
朝取りの嶽のとうもろこしを盛岡にいながらにして
食べられるなんて~!!と大感激でした。

August 04, 2004

さんさ踊り

昨日で3日間の盛岡さんさ踊りが終わった。
よく雨が降るさんさですが、今年は3日ともいい天気!!

どうにもお祭りや人がたくさんいる所が大好きで
開始の空砲の音や太鼓の音に居ても立ってもいられなかった2日間^^;

さんさ開始と同じ頃、中央通りに着き
太鼓の音に「あぁ~今年もさんさを見ることが出来た」と心をはずませる。

ちょうど交差点の、普段は車道の真ん中あたりで見ていたので
風が吹き抜ける。。。ふと、空を見上げると
真っ青な空に、沈む日を受け銀色に光って飛行機が飛んで行った。


デジカメを忘れてきて携帯で撮ろうとしたけれど
さんさの動きはとても早く、なかなか撮れない。
そうだ、去年はデジカメでもかなり失敗したなぁと
一枚撮ってあきらめた。

sansa.jpg

お目当ての団体が7時半スタートと聞いていたので
夕飯の準備のため、いったん帰り
余裕で間に合うだろうと7時に出直し
再び中央通に到着すると、すでにその団体紹介のアナウンスが・・・

なんとか見ようと人で溢れる歩道を追いかけるが
見ている人、来る人、行く人で中々思うようにすすまない。

パレードは77銀行の通りまで続くと思っていたので
映画館通りへ入ると、大通りと中央通の裏道を走り
秋田銀行前あたりに着いたら
ちょうどその団体はパレードを終え
解散した人波が、反対側の道へ散っていくところだった・・・。
ここで終わりなんだ。。。がっかり。。。
でも装飾した車を見ることが出来たので満足していた。


そのパレードの中に恋人がいるわけでもないのに
あんなに走って追いかけた・・・。

走ってみて本当に見たい!!会いたいんだ!!って
わかったりすることってあるなぁ。。。

愛社精神は辞めて十数年経ってもなお健在なのだった。。。

August 02, 2004

J&B

=Wonderful! J&B in 暑い熱い盛岡=

もう、一週間以上が過ぎてしまいました。
初めてのJ&Bのライブ。

7月25日の盛岡はとてもとても暑く、34.4℃を記録しました。
真夏の陽射しが強く照りつける日でした。

開場15分ほど前に会場club change前に到着すると
道路に面した会場前の歩道には
すでにたくさんのお客様が暑さの中待っていました。

その人波の中をあっという間に松原秀樹さんが会場入り
続いて横断歩道を渡っていらした梶原順さんは
ファンの方々にサインをしてからご入場。

私はクラブハウスのライブも初体験
熱い会場に冷えたビールはおいしかった^^

至近距離での凄いテクニックの迫力とハートのある演奏。
これが日本のトッププレーヤーなんだとあらためて感嘆!!
目の前が梶原順さんだったので
梶原さんのギターを弾く指先に釘付けとなりました。
盛岡駅からここまでなんと歩いてきたというブッチャーさんですが
さすがプロ! 演奏には疲れは見せず
松原秀樹さんのベースも凄い。
沼澤尚さんの切れのいいドラム。

何もかもが初体験。ワクワクドキドキ!!
演奏も凄いし客席との会話も楽しかったです。
まるで掛け合い漫才のようになってましたね。
あっという間に時間は過ぎていくのでした。

思いっきり笑って思いっきり音楽を楽しんで
至福のひとときでした。
J&Bのみなさま、ありがとうございました。

招致にご尽力くださったJ&B盛岡誘致プロジェクトスタッフのみなさま
心から感謝いたします。素晴らしいライブを
盛岡の地で実現させて下さって
本当にありがとうございました。

・・・
ライブ後聴くJ&BのCDからは
あの日の演奏が映像としても蘇ってきます。
本物の演奏を生で見ること聴くことの素晴らしさを
改めて知った素敵な暑い夜でした。

Main | September 2004 »