« 『北東北のシンプルをあつめにいく』 を 探しに行く | Main | 笑いの大学 »

September 28, 2004

どんぐりと山猫

    9月23日(木)

     don.jpg

岩手山がくっきり見えるとても天気のいい日で
久しぶりに花巻賢治記念館へ・・・
その記念館のまわりにはどんぐりがたくさん落ちていました。


その後、宮沢賢治童話村へ


     don8.jpg
この釣り下がった鉄?の棒を木槌で順番にたたくと
星めぐりのうたのメロディが広い野原と青空に響き渡るのです。


     don7.jpg
                気持ちよかったなぁ・・・。


最近CMでよく流れる(多分東北限定?)

「おい、りす、やまねこがここを通らなかったかい。」

の文が耳に残るのですが、お話が思い出せない。
知っているようで実は知らなかった、宮沢賢治。

子供の頃に読んでわかったような気になったまま私は啄木が好きになり
宮沢賢治をきちんと読んだことはなかったのだと気づき、盛岡へ帰ってから
新潮社文庫『注文の多い料理店』『新編・風の又三郎』2冊購入しました。

そして、『注文の多い料理店』の「序」の澄み切った文にいたく感動した後
「どんぐりと山猫」を読んでみて驚きました。

こんなにも言葉が自由で、生き生きとしていて
自然描写にしても、登場の人や山猫、どんぐりにしても
目の前に見えるように描かれていて、色が鮮やかに見えてくるのですね。

いまさらながら宮沢賢治。
いまだからやっと理解できるのかもしれない宮沢賢治。

私はひとり興奮して、たちまち賢治のとりこになっていたのでした。
本当に遅ればせながら、なのですが。

立ち寄った『なめとこ山』という蕎麦屋さん ←くりっく

« 『北東北のシンプルをあつめにいく』 を 探しに行く | Main | 笑いの大学 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34490/1540097

Listed below are links to weblogs that reference どんぐりと山猫:

« 『北東北のシンプルをあつめにいく』 を 探しに行く | Main | 笑いの大学 »