February 24, 2006

燃ゆるとき

    0602241   (写真 2月24日 午前6時11分)

  雑誌 PRESIDENT 2006 3.6号に載っていた
  高杉良さんと中井貴一さんの対談で
  映画“燃ゆるとき”を知り
  対談の内容は映画を観てから読むことにして映画館へ。

  日本映画と思っていましたから
  舞台がアメリカでの日本企業の奮闘であり
  かなりの字幕だったことに驚きながらも嬉しく観ました。

 映画の原作は高杉良さんの“燃ゆるとき”と“エクセレント・カンパニー/新・燃ゆるとき”
 “燃ゆるとき”は実在の東洋水産創業者の森和夫さんを主人公にしているものですが
 映画で描かれているのは“エクセレント・カンパニー/新・燃ゆるとき”
 の比重が大きく、主人公は沢山の方のお話を複合して
 つくられた架空の人物“川森”演じるのは中井貴一さん、熱演です。

  企業モノの映画で、そこには私の大好きな日本企業気質や
  家族のあり方がよく描かれていて、観ていて胸がすっとしました。
  時々目頭が熱くなりました。

  時代の流れの速さに押し流されてしまいがちだけれど
  少し前まで日本には、大好きな企業(会社)のため、好きな仕事のため
  よい製品をつくるため、時間外など気にせずに一生懸命働く姿があったと思います。
  私の青春時代にニュースであれドラマであれ職場であれ
  見慣れた日本企業の姿でした。

  映画を観ながらとても懐かしく
  そして、頑張ってる日本企業の映画がつくられたことが嬉しくって
  あたたかな想いにつつまれて映画館を出ました。

  継続すること 頑張りつづけること あきらめないこと 信じること
  いつまでも燃えつづけていたいと思いました。

November 17, 2005

ハウルの動く城…1/24second

ハウルのDVDおまけ = 映画のフィルム1コマ
透明キューブの中に密封された24分の1秒分。
私のフィルムに写っていたのは
おばぁちゃんのソフィーが暖炉の中のカルシファーと話しているシーン

 …from 携帯…  p252is0128713357.jpg

November 16, 2005

ALWAYS 三丁目の夕日…2回目…。

先週観たのですが
三丁目の人たちに会いたくてまた来ました。
2回目も涙溢れ。ただ、ただ泣きました。
そして、しあわせな気持ちに満たされていました。。。

泣いた目に街の光がにじんで…↓

 …from 携帯…  p252is0128647820.jpg

November 09, 2005

ALWAYS 三丁目の夕日…

まいりました。泣きました。
泣き出したらずっと泣き通しに。。
ハンカチすぐ出せるところに持っていてよかったです。
映画館を出て外が暗くてよかったです。
思い出し、また泣きそうです。いい涙で。
 …from 携帯…  p252is0127664704.jpg

October 28, 2005

ラヴェンダーの咲く庭で

今日が上映最終日のこの映画
同じ映画館で直前に一本映画を観て
いったん駆け足で用足しをして
再び駆け込み入場となりましたが
ほぼ満員と混んでいて驚きました。

内容は良く知らず、ポスターの写真に
ゆったりしていそうな映画に感じたのと
海のそばの話らしいので
海が見たいなぁ・・・と軽い気持ちで
入ったものですから、嬉しい驚きの連続でした。

素晴らしいバイオリンの名演奏を聴けるとも
思いませんでしたし、海の景色にしても
こんなにも美しい海の風景に何度も出会えると
思いませんでしたし、才能ということについても
あれこれと思いをめぐらすことになろうとは
思いもしませんでした。

最後は心で拍手喝采をしながら
また今日も泣いてしまいました。。。
あ~本当に観てよかったです。

帰り際、ふっと映画館のショーウインドウを見たら

『 “ラヴェンダーの咲く庭で”のサントラは売り切れました。』

kawatoku1028 そりゃそうでしょう・・・と納得しながら
 心温かくして帰り道につきました。


 今週3本の映画を観た訳ですが
 いや~~映画って本当にいいものですね。

October 27, 2005

チャーリーとチョコレート工場

怒涛の2ヶ月間でした。。。

今週は充電出来る週・・・週末からまた忙しくなりそうです。
どうしても観たいなぁと思っていた
チャーリーとチョコレート工場を
昨日やっと観に行きました。
レディースデイ♪欲張って映画2本観る予定でしたが
チャーリー・・・があまりに良かったので
もう1本はまた別の日にと帰ってきました。。。

いや~よかったよかった!!感動しました。

私はいつも映画の最初の5分で安心したり不安になったりしますが
オープニングのチョコレート工場の映像から引き込まれ
ストーリーが進むにつれ、わくわくドキドキ度は増し
今この映画の世界にいることが楽しく・嬉しくなってきました。

子供の頃、よく遊んだ心の中のおとぎの国がそこにありました。
よく読んだ童話の世界。そこは夢の国でした。
あの頃、どれだけ世界の童話の世界で遊んだことでしょう・・・。
映画を観ながら思い出していました。。。
学校に帰り道、もしも道路がチョコレートで出来ていたらいいね~なんて
友人とあれこれ空想しながら帰ったこともありましたっけ・・・。

外国の童話によくあるちょっと風刺のきつい物語の世界で遊びながら
子供心に、わるい事をしたら大変なことになると
していいこと・わるいこと
物事の善悪を学んでいたのかもしれません。

あの頃よく浸っていたそんな空想の世界
映画となったその世界に自然に入っていけるのも
映像の美しさ、違和感のないCG、出演の役者の方々の見事な演技力。
あ、リスの演技力も見事でした~。素晴らしい!!
音楽もとてもよかったです。

そしてそして!ジョニー・デップの演技が本当に素晴らしい!!
微妙な心の表現を瞬時に見事に演じていて、彼の演技に釘付けになりました。

一番大切な、この映画が伝えたいこと。
その事は、今、私も本当に心から感じていることであり
最後のあたりには思わず、涙がほろり。

本当にいい映画でした~
観終わった後、とっても幸せな気持ちになれたのでした。。。

September 02, 2005

容疑者 室井慎次

昨日9月1日映画の日・・・
容疑者 室井慎次 

期待しすぎて観にいったせいでしょうか
中盤に入っていってもなかなか
室井さんのよさが伝わってこないようで
あせりつつ、どうしてかなぁ・・・と思っていました。

そのうちに
青島刑事の不在感がどんどん募っていくのだと気がつきました。
これは真下さんの映画の時には感じなかったこと。

これほどの室井さんの危機的状況に
青島刑事(織田さん)や深津さんが登場しないことが
あまりにも不自然に感じて、なぜ不在?と???がどんどん重なり
映画の中に入っていけないのでした。
和久さんの名前が出た時には長さんの不在感も強くなり
和気あいあいの湾岸署が思い出され懐かしい。

頼るべきは真矢さんと筧さん~。
昨日の敵は今日の友~。このお2人の存在感とてもよかったです。

室井さんの強い存在感は熱血漢青島刑事との好対照によって
際立ったのかもしれないなぁと思い
青島くんと対の室井さんが好きなのだと気づき
映画の後半では心ここにあらずになって

“レインボーブリッジを閉鎖せよ!”
を思い出していました。。。
(映画を観ている最中に前の映画を思い出すなんて・・・)

レンボーブリッジを閉鎖せよ!よかったですね~。
ぶつかり合いや信頼、そして友情。
お互いを引き立てあっていて、正義感が強くて熱くてね~!
どんどん映画の中のドラマに引き込まれて行きましたものね~。
現場と上層部で、ともに戦い組織を変えられるのではないかという期待感。
観終わった後の爽快感で本当に面白かった。

今回の映画に描かれたようなことが
ありえる時代だけれど、そんな時代だからこそ
踊るの映画くらいスカッと!!>期待。

室井さんと青島くんの潜水艦ものが観たいなぁ~。
無理ですかね~制作費かかりすぎそうですものね。

July 31, 2005

STAR WARS エピソード3

    hirunotuki

  STAR WARS エピソード3
  言わずと知れた、スターウォーズ最終章。
  完結しましたね~。ふりだしへ戻る・・・
  27年前の第一作がすぐに観たくなります。

先週、吹き替えで観て、映像に集中して楽しみ
昨日(土曜日)字幕で映画館も違うところで観ました。

字幕で観た映画は文学の映画化を見ているようで
深い味わいがありました。

エンドクレジットの最後の最後に
日本語字幕 戸田奈津子 と
戸田奈津子さんのお名前が出た時
ブラボーと心で拍手喝采しておりました。

もうひとつ驚いたのは
エンドクレジットに
EWAN McGREGOR の名前それも最初に!
オビ=ワンがユアン・マクレガーだったなんて!!

家へ帰ってすぐに
恋は邪魔者』のDVDを探し出し
そのDVDのおまけについてきた『
ムーラン・ルージュ』も出てきて
あ~やっぱりユアン・マクレガーです。

今の今までずっとずっと気付かず観ていました。
そしてどうしても
オビ=ワン”と“恋は邪魔者の彼とは結びつかないわたし。
髭と髪でこんなにも印象が違うんですね~。
というより、役者ですね~~。

そんなところにも驚いたSTAR WARS エピソード3なのでした。。。
 

July 19, 2005

燃えよドラゴン

    aka1  (←・・・板に赤い絵の具)

目の前にあるDVDは2枚組で
総時間364分にも及びました。6時間です。
本編は102分なのですが
ブルース・リーの語録や、奥さんのインタビュー。
ドキュメンタリー等々。

それまで、この映画がスタートで
続編がどんどん出たものと、思い違いをしていました。
この映画が初めてのハリウッド作で
遺作になった映画だったのですね。

ブルース・リーの言葉が
とても知的で哲学的なことに驚きました。
哲学をも学んだ方だったのですね。
そして、本当に真剣に生き抜いたことを知りました。
明日は、ブルース・リーの命日なのだそうです。。。

主人に“燃えよドラゴン”を知ってる?
とたずねたら
昔この映画を観て映画館を出たら
とても強くなったような気になって
電信柱を思いっきり蹴ったら
痛かった・・・と話しておりました。。。

July 18, 2005

盛岡・映画館通り・17時33分…

フライ・ダディ・フライを見終って…。

 …from 携帯… eigakan1

(7月19日 追記&写真補正)

2回目は安心して見ることが出来ました。
・・・が自分の記憶の間違いに驚きました。

燃えよドラゴンのDVDの背景は赤だと
思って赤い背景のDVDを買ったのですが
映画に映ったDVDは黒い背景の
デュレクターズカット、特別版でした。。。

金城一紀さんの『GO』を読む前に この映画を見たので
『GO』を読みながら主人公は
どうしても岡田准一くんのイメージになりました。
『GO』読み終えてから、この映画を再び観て
この映画がもっと好きになったのでした。。。